ナスカの地上絵は宇宙に向けたメッセージは謎のまま残った

「ナスカの地上絵」というのは非常に有名ですね。
地上からでは判別不可能なぐらい巨大な動植物の絵が描かれているこの地上絵ですが、地面に描かれているというよりは、掘っているというほうが正しいかもしれません。

ペルー南部の盆地であるこの地一帯は、雨があまり降らず、赤褐色の地面が広がっています。
地面にある石をどけたところに明るい色の地表が現れるため、それが線となり、絵が構成されているというわけです。

テレビなどで見る地上絵は、かなり上の方から見ているのでピンと来ないかもしれませんが、あの絵を作っている線の幅はおよそ1~2mほどもあり、深さは20~30cmほどもあります。
地上から見ると干上がった小さな川のようです。

ナスカの地上絵は、1939年に考古学者であり大学教授のポール・コソックによって発見されました。
コソック亡き後は、助手である女性考古学者のマリア・ライヒエがその研究を引き継ぎます。
ライヒエはナスカの地上絵を保護するための施策を政府に訴えかけました。
さらに自費で保全費用を支払うなどして、地上絵を守るために奔走しました。
彼女のこの活動がなければ、地上絵は失われていたかもしれません。

ライヒエは、この地上絵を研究するために、ペルー空軍の協力を得て航空写真を撮影しました。
実際に、この巨大な絵がなぜ、どのように描かれたのかはまだはっきりとはわかっていません。

線の端に杭のあるものが見つかっているので、おそらく原画を放射状に拡大する「拡大用」を用いて、大きな絵を描いたのではと言われています。
描かれた時代は紀元前2世紀~9世紀頃までと推測されています。

しかし、この時代に、成層圏ほどから見ないと全貌がわからないものもある地上絵を、誰に向けて何のために描いたのか興味深いですよね。
謎が解明されてしまうより、謎は謎のまま残ったほうが想像も膨らみ、たくさんの人に夢を与えることができるかもしれませんね。